フヅキの日記帳

腐女子が萌えを好き勝手語るブログです

「ノルンノネット」「ディバインゲート」「アクティヴレイド」1話感想

最近見たアニメの感想を書きました。ネタバレしてるのでご注意ください。
内容は「保険金目当ての親切なイケメン」、「ガンギマリポエムアニメ」、「瀬名颯一郎くん推せる」の3本立てです。



◆ ノルンノネット

・この乙女ゲー、何経由かは忘れたんですが、発売前にネットで存在を知って公式サイト行ったらBGMがめちゃくちゃよくて、一時期ひたすら公式サイトのBGMを作業用に流してたことがありました。
・ゲーム自体はやってないけど、主人公が複数いて、それぞれの主人公ごとに攻略対象の男キャラがいることは知ってる。あとファンシーなふわふわ世界観。そしてストーリーに穴がありすぎてレビュー等で叩かれまくったけど、後に出た完全版で評価が見直されたらしい。
・その程度の知識で見始めたんですが、いかにもオトメイト原作のアニメって感じの空気感だった…ふわふわしている…

・異能力者の学生集団が「船」で共同生活を送っていて、主人公たそ~が新たなメンバーとして迎えられたよ!というのが1話。
・前述の通りBGMだけは知っていたので、聴いたことがある音楽が流れててよかった。特に小型飛行機が飛び立った時に流れてた曲は、公式サイトで聴けるやつだったこともあり、あの曲流れた瞬間「おおお…知ってるぞこの曲…」って謎の感動を覚えた。でも内容のゆるゆる感に比べて音楽がやたらと壮大すぎない?

・初っ端からやたらと親切で爽やかなイケメンとのフラグを立てていて面白かった。自分の名前も忘れてまともに自己紹介すらできない主人公にここまで優しくできるCV梶のあいつは何者なんだ?保険金詐欺?
・主人公たそ~(のちに小春ちゃんと判明)が名前忘れてる理由が、「もう随分と名前を呼ばれてなかったから」というふわふわした説明だったのに、それで一応納得して受け入れてくれるあの人達はヌクモリティの塊ですね。

・主人公たそ~かわいい。乙女ゲー主人公らしく主体性はなく、ただ周りに流されてにこにこしてるだけのお人形さんかわいい。メインヒーローらしき梶声の彼に「植物とお話ができるんですね!」などと無邪気な笑顔で言い出した時にはコイツ頭大丈夫か?と思ったけどかわいいからいいや…かわいくて素直で礼儀正しくて主人公だから許される所業。乙女ゲーアニメは主人公のかわいさが視聴継続の重要な鍵になってくるのでその点では合格です。

・黒髪の子とウェーブ髪の子2人が女子キャラとして出てましたけど、あれがゲームでの小春ちゃん以外の主人公なんですよね確か。こうして見るとやっぱり小春ちゃんが一番かわいいぞ!小春ちゃんをアニメのメインヒロインに選んだスタッフは有能。
・特殊能力を披露する場面とか、桃を取ろうとして落ちる場面とか、ツッコミたくなる場面が多い割にキャラは真面目にストーリーをこなしていくので、劇中キャラと視聴者の壁を感じた。



◆ ディバインゲート

・冒頭から緒方恵美の朗読による字幕付きポエムが始まって「完全にキマってる……」と絶句した今期のネタアニメ枠。吸引力がスゴイ。あれでかっこいいと思ってるならアニメスタッフの正気を疑う。狙ってやってるにしても字幕付きはクドすぎ。やるならファフナー総士ポエムくらいのキレがほしいところだな!!
・ソシャゲ発のアニメなので、課金力を発揮した超作画戦闘が見れるかな~と思って期待してた(というかソシャゲアニメに期待できるポイントそこしかない)のに、終始斉藤壮馬がボソボソ喋るだけの1話だったのには愕然とした。
・ちょっと!!!いわゆる「1話切り」が蔓延る最近のアニメ界隈で!きっちり見せ場を作って視聴者を掴むのが大事な1話で!!なんで斉藤壮馬がボソボソ喋ってるだけで終わるんだよ!!!おかしいだろ!!!!勇気がありすぎて逆に尊敬するわ!!!

・主人公のアオトきゅんは水使いで結構強くて根暗だった。カップ麺食べる時に氷ドサドサーって入れまくったの不意打ちすぎて笑うしか…わざわざおうちから氷持参してるのかよ意外とマメだな!?
・アオトきゅんの私服が想像以上にださくて、リアルに「やべえ…」と呟いてしまった。悪いこと言わないからずっと制服着てよう!?
・スクールとかなんとかいう組織のリーダーっぽい人(CV中村悠一)との会話を見せられた私「そういう中途半端なホモ要素やめろ」
・1話から主人公のネグレクト描写を見せられた私「そういうのは話があったまってきた6話あたりでやって!!!」

・ほんとあの暗い家庭環境描写1話で入れる必要あった???主人公の置かれてきた境遇を説明するのは必要かもしれないけどさあ…まあ正直、複雑な家庭環境のキャラはとても性癖を突いてくるので好きです!!!
・組織の会議でスタイリッシュ離席してた子がアオトきゅんの弟なんですかね?両親にちやほやされてご立派な教育を受けてた割に、テーブルに腰掛けるというお行儀の悪さを発揮していましたね。兄弟間の確執展開きますね。

・OP最後にちっさい画面で流れましたけど、結構ちゃんと動いてて気合入ってるっぽい…どうせなら最初からフル画面で見せてよ!
・あとOP曲がヒトリエだ!ヒトリエめっちゃ好きなんで嬉しいぞ!米津玄師もだけど、ボカロに歌わせるより自分で歌ってる方が好きですね私は
・ヒトリエの曲が聴きたいのと、OP映像をフル画面でちゃんと見たいので、ボロクソ言いつつたぶん2話以降も視聴継続してしまいそうです…なんか釣られた感はんぱない…
・バハムートのアニメは課金力をフル活用したすごい作画だったので、ストーリー自体は大して面白くなかったんだけど最後まで見ちゃったんですよね…でもディバゲはツッコミどころの多さで次回も見なくてはいけない使命感に駆られるアニメでした。


◆ アクティヴレイド

・う~~~~~ん いかにも谷口悟朗って感じのアニメだったな……人気作品の人気要素をパッチワークしてそれっぽく見せるのがとても上手だなと思った…
・見てて「あっサイコパスだ…」「あっギアスだ…」「あっパトレイバーだ…」「あっタイバニだ…」(以下延々と似たような発言が続く)という言葉が自然と出てきてしまった。たぶん他にもオマージュ?元はいっぱいあるんだろうけど

AKINOが歌うOPめっちゃかっこええ~~~~映像は立ち絵と1話のカットばかりだったので未完成なんだと思いますが完成版はよ
・OPの最初に説明入るのも懐かしさを感じる演出だ これ毎回やるのか1話限りなのか アクエリオンロゴスでもやってたね

・キャラ原案は佐伯俊(食戟のソーマの人)なんですね!食戟アニメは塗りを原作絵に寄せてたけど、これはギットギトこってりなキャラデですね…特に男性キャラの口元の描き方にギアスみを感じた。確かにイケメンなんだけどこってりすぎて胸焼け起こしそう。キャラデによってこんなに違う画面になるのか…90年代アニメのかおりがした
・パワードスーツものなのにスーツのデザインださすぎるのなんとかして 颯一郎くんのスーツが特にださい ガッチャマンクラウズに似てるけど別にガチャクラのは特にださいとは思わなかったんよな…この差はなんだろう

・パワードスーツに着替える時にブーメランパンツなの激しく笑ったしあれは反則
・「この世界ではブーメランパンツ一丁が標準勝負服なのか!?これをおかしいと感じる私が間違っているのか!?」って頭を抱えたけど、事件のオチに使われて新人ちゃんが悲鳴上げてたから私はおかしくない おかしいのはあのシステムを考えた誰かだ
・あの変身(?)シーンは狙ってやってるの分かるけど面白すぎる…首がキュッとエロい感じに締まったり、その度に男どもが耐え忍ぶ声を上げるのも「狙ってやがる…」と思いながら普通に萌えました あの要素だけ見るとノリの軽いファフナー

・軽快なBGMでスタイリッシュな感じに盛り上げてるけどネタ要素を入れることも忘れないっていうやり方、やっぱり盛り上げ方を心得てるスタッフだな~と思った。この1話は全般的に、話自体の面白さというよりも「話の作り方」に注目して見てしまいました。説明回だから誰かに感情移入もできず、俯瞰して見るしかなかったともいう…新人ちゃんは空回りしててかわいいというよりかわいそうだった。

・東京の地理に詳しい人ならあの鬼ごっこ?の面白さを味わえてニヤリとできるんだろうけど、地方民にはさっぱりだったので悔しい。
・上からの許可がおりないと行動が制限されるとか、そういう駆け引きを軽いノリでやるのはなんかむず痒かった。踊る大捜査線かよ
・この世界のアニメ会社権力強すぎて笑う
・「決裁」「射出」という意図的なネタワード 流行らせようとして滑ってる感がすごい

・バディもののようですが案の定私は青い方(颯一郎くん)が好きです!


瀬名颯一郎くんの推せるポイント♡

・色素薄い系イケメンかわいい
・ゴミの分別が得意かわいい(スタイリッシュゴミ捨てに失敗してるのに劇中で誰からもツッコミ入らずスルーされたとこ笑った)
・一人称「私」 少なくとも公的な場では「私」って言ってたかわいい
・クールキャラ気取ってるけど赤い方に(精神的にも物理的にも)振り回されてブツブツ文句言ってるのかわいい
・文句言いながらもちゃんと仕事してるのかわいい
・飲み会ではちゃんと正座してて礼儀正しいかわいい
・テーブルふきふきしてたのも綺麗好き几帳面かわいい(ただし自分のスペースだけなところに傲慢さを感じる)

推せますね!!!

・赤い方は熱血タイプ?制服姿が好みすぎた。でも1話ではすぐにパワードスーツにお着替えしてて残念。もっとあの制服着てくれ!!この子みたいな熱い系キャラがかちっとしたお洋服着てるのほんと好き
・普段クールキャラを演じることが多い島崎信長が声当ててたので意外でした。のぶながくん一生懸命なのは好感もてるけど演技自体は未熟な印象あったので、赤い方の声聞いたらちょっと評価上がった まだ無理してる感あるけどだいぶ聞ける演技になったやん!(ハイパー上から目線)
・このバディ、仲悪いように見せてるけど相性はよくて結局お熱い関係なんだろ感が1話からほとばしっててかわいい。飲み会で一番遠い席なのもあざとい。

・お前ら腐女子はこういうのが萌えるんだろ!!くれてやるよ!!!!(バチィィィィン)(燃料をダイレクトに叩きつける音)という制作陣の意気込みをバリバリに感じる。そういうやり方をして全然腐女子受けしなかったどころか一般受けもサッパリだったアニメは星の数ほどありますが、このアニメがどうなるかは分からない。
・このまま爽快感ある軽いノリが続けばいいけど、途中で重たいシリアスが来そうだし、そうなった時が私の中で評価の分かれ目だなという気がしてる。
・颯一郎くんが私のアンテナに引っかかったのでたぶんこの子は複雑な家庭環境で育ったとお見受けします(自分の性癖を信じて疑わない顔)