フヅキの日記帳

腐女子が萌えを好き勝手語るブログです

KING OF PRISM(キンプリ)感想|「プリズムショーは好きかい?」に対する全身全霊の答えがここにある


劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」トレーラー(本編ver.)

1月頃からやたらとツイッター中心にキンプリを布教するツイートが流れてきたので気になっていたキンプリをとうとう観てきました。
布教ツイートがまさしく宗教のような雰囲気だったのと、広めているのが主に、いわゆるオタク有識者みたいな人たちが多かったので、そういうのを愛好する人たちに目を付けられるような類の映画なんだな~と思っていた。

この映画の大本となったアニメ、プリティーリズムレインボーライブについては、なんとなくキャラの存在を知ってるくらいであまり詳しくはありませんでした。
女児向けアニメのはずだけど何故か男性アイドル(?)もメイン級に出していて、ヒロ様というカリスマアイドルがいること、コウジというイケメンとなんかいろいろあったらしいということ、そして闇の深いホモだということ、プリズムショーの締めのリップ音がうるさいこと、などを断片的に知っていました(なぜか偏る知識)

アニメをちょろっと見た記憶はあるのですが、ヒロ様が電車に乗って光り輝いていた回と、赤いロングヘアの子がジャンプを失敗してどん底に突き落とされてる回を見たような気が…という程度。
ジャンルの知識を3ミリくらいしか知らない状態で、果たしてスピンオフであるこの映画を観てもいいのか?という疑問はあったのですが、どこかで見たキンプリ布教記事で「レインボーライブ見てた人間でもキンプリは意味不明だったから大丈夫」みたいな内容を見かけたのできっと大丈夫なんだろう…

私はひねくれた性格のオタクなので、誰かに「これいいよ!見て!」と言われても素直に受け入れることができません。自分から興味をもって「見てみよう」と思わないとハマれないタイプ。
だからいくらキンプリはいいぞと言われても、なかなか観に行く気になれなかった…上映する映画館遠かったし…。
ただ、興味はあったんですよ。断片的だけどプリリズのことは知ってたし。CMも見て気になってたし。
このまま食わず嫌いして「宗教臭いアニメだな~」と敬遠するだけでいいのか?批判するにしてもまずは観てみるべきでは?と思ったので、映画館に足を運ぶことにしたわけです。

さて、ここまでがキンプリを観るに至るまでの話でした。長い。これでも結構な葛藤があったんですよと言いたかった。
これから先は映画の内容ネタバレ込みの感想です。うろ覚えなので台詞とか間違っているかと思います。そして言いたい放題言ってるのでご注意ください。



◆上映前の罠

週替りでキャラの音声が流れるという企画があるらしいんですが、初見でどのキャラのことも知らないのそんなん聞かされる立場にもなってみてくださいよ!!
いきなり「祭りだわっしょい」などという単語を聞かされた私はどういう反応したらよかったんですか!?

BGMも何もなく、ただひたすらキャラの音声だけが静かな劇場内に流れる気まずさ!
「なんだこれ……なんだこれ……」と心の中で冷や汗ダラダラ流すしかない私!!!つらい!!!
映画本編が流れる前にいきなり特大のボディーブローを食らった気分でした。

シンくんとルヰくんの誕生日が29日だということで、特別な音声も流れたんですけど、やはりこれもどう受け止めていいのか分からなかった。
今なら諸手を上げて祝福する構えですけどね!!シンくんルヰくんお誕生日おめでとうございます!!!(ヤケクソ)

そんな感じで既に虫の息で上映を迎えました。これ相当体力使うぞ……



◆とりあえずなんかすごいぞプリズムショー


アイドル物でお馴染み、キラキラしてるライブから始まりました。この世界ではプリズムショーと呼ぶ。
この時点で壮絶な既視感!あっ…!これ、うたプリで見たことある…!!(進研ゼミで見たことあるみたいなノリ)

歌って踊るイケメン!いきなりCGだ!特に違和感はない!
なんか真ん中の人(コウジさん)は楽器持ってるぞお前踊らないのかよ!でも歌うのかよ!
感情の高まりを謎空間で演出するあたりはうたプリ他アイドル物で慣れ親しんだ光景だったのでそこまで衝撃はなかったです。

でもいきなり自転車乗るのはどうかと思う。
アイエエ自転車!!?!?自転車ナンデ!?!?まあ百歩譲って自転車にライドするのはいいとして、その字幕はなんだ???
相乗りしてる女の子はあなた♡ということなんだろうけどなんで台詞つけちゃったの!?その演出アリなの!?

字幕を見た私「すごい!映画で夢小説やってる!!」

後で冷静になって考えても、この字幕演出が一番おかしかったですね。
空からエクスカリバー出したりドラゴン召喚したりするのはまあうたプリでも一部見たことあったし…(うたプリによってどんどんトンデモ演出のハードルが下がっていく図)
初見でこの字幕演出見て吹き出さない人いるの???私の周囲でもお客さん何人か堪えきれずにブフゥ~~~wwwwってなってたよ…勿論私も奥歯噛みしめて笑ったよ…

ヒロ様は女子に自転車運転させて自分は後ろで立ち乗りしてた。ヒロ様マジヒロ様。
カヅキさんの場合は甘酸っぱくて好感がもてた。すごい!乙女ゲーみたいだ!

コウジのアイスはなんか……お前そういうキャラだったの?感が……
いや私レインボーライブのことぼんやりとしか知らないから偉そうなこと言えないけどさ…コウジさんってもうちょっと真面目で悩み多い人だと思ってたんだけど…お前そういうキャラだったの…???(2回目)

ここでコウジの声聞いて「うわっお前CV柿原だったのかよ!!」と思ったのも大きい。レインボーライブの頃から、「ヒロ様=まえぬ」は強烈に覚えてたんだけど、コウジの声は全然意識してなかった。よくよく聞いてみればすごい柿原だ…ネットリと粘性の高いタイプの柿原声だ…ずっと聞いてると胸焼けするやつ…グランブルーファンタジー…
ちなみにカヅキさんが増田声だというのはエンドロール見てやっと気付いた。まっすー氏好きなんだけど声に特徴なさすぎていつまで経っても覚えられん
指についたアイスをねっとりと舐め取ったところで自転車は夜空へと浮かぶ。大丈夫ここまでは耐性ついてる。

オーバーザレインボーの皆さん「自転車は公道を走ろう!」
私「そうですね」

反射的に心の中で返答してしまった…真顔で…
なんで私は謎空間で歌って踊って乙女ゲームーヴする野郎共に交通ルールを説かれなきゃならんのだ…?深く考えてはいけないのか…?



◆ここから主人公のターン


そんな中、ライブ会場にふらふらと現れたは今作主人公の一条シンくんです。オバロの皆さんの圧倒的パフォーマンスに開いた口が塞がりません。私もです。
コウジにハグされたり(コウジほんとお前そんなキャラだったの?)、ヒロ様にチュッ♡されたり(これレインボーライブでも見たことあるやつだ!と謎の感動を覚えた)、カヅキさんが爆発を起こしたり、とにかくシンくんはときめきが止まらない様子です。そして全裸になります。

私「大丈夫大丈夫、これはうたプリでも見たことある……大丈夫まだ慌てるような時間じゃない……」

正気を保とうとするかのように無意識のうちに自分に言い聞かせてました。こわい。

そんなわけでオバロの皆さんのライブが終了。シンくんは夢見心地のまま、自転車で空に向かって飛び立ちます。……えっ!?シンくんもプリティーリズムに選ばれし者だから謎空間いきなり扱えちゃうの!?早くない!?
と思ってたら普通に落ちた。いやそこは飛んでみせろよ!!(理不尽)
でもシンくんの輝きはエーデルローズの偉い人(CV関俊彦)の心を射止めたようです。



◆そしていきなりエーデルローズへ


展開はやっ!!!上映時間60分しかないからってすごい巻いてきたな!?いろんな過程すっ飛ばしてシンくんはエーデルローズに入ります。ここから怒涛のキャラ紹介ターン。
あっこれもうたプリアニメ1話で見たことある…!いろんな方向からイケメンが降ってきたりぶつかってきたりするやつだ!

この映画、主人公男だし出てくるキャラもほとんど男ばっかりなのに、ストーリー構成は完全に乙女ゲーのそれだと思うんですけど気のせいですか?
まあシンくんが主人公としてイケメンたちを次々とたらしこんでいく話だと思えば大体乙女ゲーの文脈で間違いない。



◆オバレの過去説明ターン


シリーズ初見の人のための説明だ!50話近い内容に詰め込まれた修羅場を数分でざっくり説明してしまった…すごいダイジェスト…
ヒロ様にそんな重い過去があるなんて知らなかったよ!そりゃメンヘラになっちゃうのも仕方ないよな!?複雑な家庭環境で育った子大好きなのでヒロ様はかなり刺さってます。私の性癖に。
でも悔しいけど顔がどちゃくそ好みなのはコウジなんだ…コウジむかつくくらいど真ん中ストレートに私の好みを抉ってくる…つらい…

なんか途中ヒロ様が少女漫画のライバルキャラみたいな顔で衝撃受けてたシーンがあった気がするけどヒロ様って結構ヒスババア要素あるのかな…自分が一番コウジの曲を表現できる!とかなんとかヤンホモみたいなこと言ってたしな…根が深いヤンホモなんだろうな…

この3人が和解に至るまでの間には、レインボーライブに出てる女の子たちとの恋愛ターンとかがあったりするんでしょうけど、そこらへん潔くカットされて男だけの世界であるかのように作り変えられていたので、キンプリのこの回想だけ見るとヒロ様がただのメンヘラにしか見えない。
嫉妬深い男はめんどくせえなあ~~~という話なんですね?ヒロ様意外と泣き虫だった。

これまでのイメージ映像で散々攻め顔してたコウジさんですが、実は普通の優しいお兄さんなのか?それともヒロ様に負けず劣らずめんどくさい男なのか?おそらく後者の可能性が高い。私のセンサーがそう反応している。
作曲の才能がありすぎて色々苦労しているらしいことは分かる。性格までは把握できなかった。これはレインボーライブ見るしかないようだな…
でもカヅキさんがぐう聖なのはよく分かりました。メンヘラ予備軍2人の面倒をみてくれる頼もしいアニキなんだろうな~~

過去にすごい修羅場が繰り広げられただろうに、今の3人はとても仲睦まじく見えます。みんな爽やかな顔をしている。
この3人、ぱっと見ユニットとしてのバランス悪すぎだろ~~というのが第一印象だったんですが、オバレ結成までのストーリーを見たらその印象も変わるかもしれないなと思った。そしてアニメ本編見てからこのキンプリの3人を見たら、感動で泣いてしまいそうな気がする…事情よく知らない私ですら「よかったねオバレちゃん…」という気持ちになってるのだから…

オバレの3人から、お前がリーダーシップ取ってがんばれよ!みたいなことを言われたシンくん。
ふええ~~となりつつも、最後は元気に「はいっ!」と返事をするのがすごく好印象です。シンくんのように真っ直ぐな主人公大好き!!!



◆シンくんの長い1日


なんかこの辺りから話の順序が曖昧なんですけど、確か帰りがけに美少年と出会っていましたね…?
蒼井翔太声の人外っぽい美少年、その名はルヰくん。やべえ一発変換できるわけがないこの名前!なんやねんルヰって!ヰって!!大正浪漫か!!!

シンくんをオバレの会場へと導いたのはこの美少年だったそうです。スピリチュアルな絵面と会話だ…はらはらと涙流してるルヰくんめちゃくちゃ美しくて綺麗で見惚れてしまった…これは恋に落ちるのも仕方ない。こんな美少年にお願いされたら知らないユニットのライブにだって行かざるを得ないよなあ!?運命を感じます。

寮に帰ったシンくんを待ち受けるお風呂のサービスシーン。これ必要か?(必要です)
全編に渡って乙女ゲーみたいなノリだったのにここだけラノベアニメの第1話だった。風呂とかなんかでヒロインの裸覗いて決闘申し込まれるやつ…裸見た相手が優しい人たちでよかったねシンくん…●起はしてしまったけど…

夜中に練習場に行ったらコウジさんが待ち構えていた。うわっやっぱりこいつもヤンホモの臭いがする気をつけろ!!!
と思ったら勝負を挑まれていた。えっプリズムショーってウテナにおける決闘みたいなものなの?殺伐としてない?こわ…負けたら命取られそう…
この時点で私の中でのコウジは、めんどくさいヤンホモ男という認識です。実際どういうキャラなのかは今でもわかっていない。



◆カヅキさんvsアレクくん


カヅキさんのところへ、タイガくんとかいうツンデレのかおりがする男子がやって来ました。どことなくハイスピの桐嶋郁弥きゅんの雰囲気を漂わせている。
でも棒読み…アイドル物で棒読み声優起用はあんさんぶるスターズでお腹いっぱいなんですよ!いい加減にしてください!

タイガくん、あんたは俺の知ってるカヅキさんじゃない!などと突っかかってきます。これアイドル物でよく見たことある揉め方だ!
と一悶着の予感を感じた矢先に新たな敵キャラ登場。CV武内俊輔くん!CV武内俊輔くんじゃないか!!
ガチムチだ!刈り上げだ!すごいゲイビに出てそうな外見!そういう界隈の人からは物凄くモテそう!しかもCV武内俊輔くんだし!!!

アレクサンダーくんは、腑抜けてしまったカヅキさんがストリートのカリスマと呼ばれるのは気に食わないらしい。
今まで散々カヅキさんのことdisってたタイガくんですが、カヅキさんのことdisられた途端噛み付いてきました。自分がdisるのはよくて他人がカヅキさんをdisるのはだめなんですか!?薄々気付いてたけどお前もめんどくせえ男だな!!!
カヅキさんも最初のうちは大人の分別をつけようとしてましたが、軽く煽られただけで挑発に乗ってしまいました。煽り耐性ひっく!!カヅキさん煽り耐性ひっく!!!!



◆そして始まる「EZ DO DANCE


曲めちゃくちゃかっこいいんですけど…イメージ映像が…なんか…その…コメントしにくいっていうか…
あと衣装が…なんか…その…そういう界隈の人たちが喜びそうっていうか…アレクくんすごくいい体してますね…
もうね、空からエクスカリバーとか、ドラゴン召喚とか、そういうのはうたプリで耐性ついてるからね、ある程度は耐えられますよ。ドラゴン出てきた瞬間「ヘブンズゲート開いちゃう~~~~~♡♡♡」と興奮してごめん。

イメージ映像に翻弄されてまともに聴けてなかったんですが、曲ほんといいよね!?かっこいい!!
あと武内くんの歌声初めて聴いた!めちゃくちゃ歌うまいじゃねーーーーか!!!超びっくりしたわ!!!こんなに歌える子だったんかい!!!惚れ直した!!!
裏声で高音抜くとこ最高すぎて死ぬかと思った。やべえ…武内くんのおうたエロい…裏声エロい…こんなえっちな十代がいてたまるか…男性声優界も安泰だなこりゃ…


シンくんvsコウジの戦いも同時進行で進む。
尻から蜂蜜出したりチュッ♡してくんのやめてくれないかなあ…コウジさんのこと気持ち悪い手嶋純太だと思いたくないよお…
イメージ映像で散々気持ち悪いクネクネムーヴをしたかと思えば、合間合間で正気に戻り「まだだ!お前の本気を見せてみろ!!!」って鬼教官みたいなことを言ってくるコウジ。なんでそこで熱血になっちゃうの!?どれが本当のコウジなの!?
私の中でますますコウジのイメージが迷走していく。結局お前どういうキャラなんだよ!!わかんないよ!!

コウジの本気に触発されて、シンくんもプリティーリズムに覚醒します。
まずは分裂!そしてハグ!こいつ…デキる…!シンくんにも天性の才能があったわけですね。主人公だから当たり前です。
物陰で見てた他メンバーが骨抜きになってるの笑った。やっぱりシンくんは乙女ゲー主人公(男)…



◆入ってるよ。セロリ


いきなり意味深に 入ってるよ、セロリ…(ええ声) とか言われても困る。そうですかとしか返せない。
ミナトさんがデスクッキングを駆使する暗殺者じゃなくて本当によかった。

カケルくんは敵キャラかと思ったら普通にエーデルローズにいて吹いた。お前見学に行ってただけなのかよ!タイガくんめっちゃ真剣に「この裏切り者があ!!」とか言ってたのに実際ただの見学だったのかよ!!お前のためにマジ切れしてくれたタイガくんの気持ちも汲んでさしあげろよ!!
ただ朝ごはん食べるだけの場面なのにツッコミが追いつかなくてきつい。なんで私こんなに疲れてるんだろう…

ミナトさんが料理上手なのはコウジに教えてもらったからなんですね。
コウジ、作詞作曲もできて歌も歌えてその上料理まで得意とかハイスペックすぎない?なんでそんなに設定盛ってしまったの?メンヘラの気があるからそれで相殺されてるの??

どこで挿入された場面なのか忘れたんだけど、オバレの3人がボロアパートでオシャンティーな夕食囲んでるの面白かった。コウジの作るごはんめっちゃ説明くどい…
あのボロアパートってヒロ様のアパートなの?さすがにあそこで3人住んでるわけじゃないよね?
でもステージ上ではあんなに華やかな3人が、ボロアパートのちゃぶ台で一緒にごはん食べてるという光景はグッと来るものがあるな…仲良しさんかわいい…



◆オバレのラストステージ


コウジはハリウッドの超大作映画の音楽を作るために渡米するそうです。そのためオバレは無期限活動休止…ってえええええーーーーー!?!?!?いきなりかよ!!!私ちょっとオバレに愛着持ち始めたばっかりなのに!60分しかないからって急展開すぎるでしょ!緩急の緩がお風呂シーンくらいしかない!!あとはもう全部下りだけのジェットコースター!!
シンくんがエーデルローズのみんなと一緒にレッスンしたり互いを高め合ったり絆を深めたりとかそういうターン全部ふっ飛ばしてオバレのラストステージです!いいのかそれで!?……いいんだなそれで!!(だんだん順応してきた)

オバレの3人がギリシャ神話風の衣装でステージに立ってる絵面見た瞬間吹き出したけど私は悪くない。他のお客さんも吹いてたし!!なんでラストステージにそのチョイスなのか。いやこのラストステージはオバレとエーデルローズが神話へと至る第一歩だからこの衣装で問題ない、問題ないのだ…

そしてここで流れた曲がまたいい曲なんだなあ……イントロからして泣かせる気満々だったから雰囲気に流されてあっ泣きそう…ってなっちゃったよ…
レインボーライブの時からこの3人を見守り続けてきた人にとっては、きっと涙無くしては見れないシーンの連続だったんだろうなと思ってじんわりした。なぜかこの時の私は、シンくんでもオバレでもなく、この映画を見て泣いているであろうオバレファンに感情移入していたのだった…なんでだろ…でもすごい胸が熱くなってしまったんだ…

さすがにコウジがハリウッド行きの電車に乗って旅立ち、オバレが星座になったところは「これが例の電車に乗って星座になるとこか…!」と思って笑いを堪えられなかったけど、その前の3人のやり取りはよかったよ…ヒロ様また泣いてる…これ見て、ヒロ様は泣き虫とかメンヘラっていうより単に熱い男なんだなと思った…
オバレは、コウジとヒロ様とカヅキさんは、あの場面を経て永遠になったんですね…胸が熱くなった…私はさすがに泣きはしなかったけど、周囲では鼻をすする音が聞こえてきたからガチ泣きしてる人はいたのだと思われる



◆3人の想いは、ヒロくんへ


コウジがいなくなって静寂が訪れたステージ。(コウジが物理的にいなくなった時は「!?!?」ってなった)
涙をこぼすカヅキさん。ヒロ様号泣。ファンもみんなコウジの不在を嘆いてます。私まで心にぽっかりと穴が空いたような気分になってしまう。
コウジが天に召されちゃったとしか思えない雰囲気ですが、まだコウジ生きてるよね?ハリウッドって彼岸の暗喩だったの?なんだこのお通夜…

……でも!でもですよ!
その暗闇に光を灯すのが主人公一条シンくんなのですよ!!!

シンくんが学校の屋上みたいな場所で、「みなさんは覚えていますか?初めてプリズムショーに出会った時のこと!」って私たちに呼びかけてきた時、もうほんと胸がいっぱいになって、じんわりと涙が浮かんでしまった。
シンくんは、キンプリ内のキャラクターたち、そして何よりこの映画を見ている私たち自身が忘れかけていた大切なものを、そのまっすぐな輝きで思い出させてくれた…

彼らにとってはプリズムショー。では観客である私たちにとっては?
たぶんそれは人によって違うんだと思う。私はプリズムショーのことよく知らないから、映画の中のみんなみたいにプリズムショー最高!と思うようにはなれないけど、でも、同じ経験はしたことがある。

とても素敵なものに出会えた時のときめき、喜び、きらきらした気持ち。
シンくんはそのきらきらを、誰よりも身近に感じている。だって出会ったばかりだから。これからもっともっとその輝きを広げて、たくさんの人に届けることができる子なんだよお…

シンくんの底抜けの明るさ、まっすぐさ。自分を、相手を、世界すべてを肯定するその強さ。輝き。
「世界が輝いて見える」
そう言って瞳をきらきらさせたシンくん。あの日オバレの3人から受け取った美しくて綺麗できらきらしたものを、今度は君が私たちに分けてくれるんだね……シンくん……
ああ君こそはメシア……君こそが僕達の神様……一条の光……そっか~だから一条シンっていう名前なのかあ~~~……うっ(`;ω;´)

世界が輝いて見えたあの日、氷室主任から投げかけられた「プリズムショーは好きかい?」という問い、その答えが、このプリズムショーなんですよね…シンくんは全身全霊で主任の問いに答えてくれた…

シンくんのこのショーが私にとってあまりに感動的すぎて、ちょっと言葉では言い表せないですね…最高圧縮されたカタルシス…
私の語り口調が自然とポエムになるのも致し方無いと思ってください…シンくん…ありがとう…



◆未来へ


すさまじく感動的に締めくくられたショーでしたが、彼等の物語はまだまだ終わらない。
ばらまいた伏線全然回収する気なくて笑った。次回予告に伏線丸投げエンドというすごい構成。
おい!!!!ルヰくんの出番結局あれだけなのかよ!!!!次回予告が本編みたいなものじゃないか!!!

この曲を一番表現できるのは~ってヒロ様に対する当てこすりメンタルアタックやめてさしあげろ!!!ヒロ様また泣いちゃうだろ!!でもヒロ様もカヅキさんも熱い男なので、また熱い展開で曲を取り戻すことになるんでしょう。

これだけ入念に次回予告しておきながら、現時点では次回作ちゃんと作れるかどうか未定なんですか…?嘘だと言ってよバーニィ
コウジが作ったヒロ様の曲を今度はルヰくんが奪うというクッッソ熱い展開を先っぽだけ見せられて黙っていられるかって話ですよ!!無理やろ!!!
あああ~~~~はよ続きを見せておくれよ~~~~~~ルヰくんどうなってしまうん……でも最後はみんなの神様シンくんがルヰくんごと世界を救ってくれるんだろうなという絶対の信頼感がある…

あとEDのエーデルローズ全員歌唱曲めっちゃよかった。引っ込んだ涙がまた出てきそうになった…



◆まとめ

あんまり過度な期待はせずに観に行ったんですけど、見終わってみたら本当にいい映画だった。まじで世界が輝いて見えるからキンプリはすごい。
食わず嫌いはよくないですね。ちゃんと自分の目で見て、自分の頭で判断することが大事だと思う。もちろん人によっては合う合わないあるだろうけど、私にとってはとても胸に響いた映画だったよ…シンくんのプリズムショー最高…

挿入歌も全部よかったからCD買わずにはいられない。キンプリのアルバムはまだ発売日先だそうなので、まずオバレのアルバムを先に…?
そしてこの勢いで50話以上あるらしいレインボーライブ本編にも手を出してしまいそうな気がしてこわい。えっと…とりあえずバンダイチャンネルに行けばいいのかな!?(既に見る気満々の構え)

ほんとね、レインボーライブ視聴済みでオバレのことをよく知っていれば、キンプリの感動が更に際立つんだろうな~としみじみ思ったんですよね。
キンプリに至るまでの3人の歩みを見たくなった。そんな映画でした。
楽しかった~~~~!!!