フヅキの日記帳

腐女子が萌えを好き勝手語るブログです

最近おいしかったもの|函館のご当地バーガー「ラッキーピエロ」が最強すぎて全国チェーン店を寄せ付けないレベル

はてなブログの「今週のお題」より、「最近おいしかったもの」について。

9月の連休に北海道の函館に行った。1泊2日だったので函館だけさくっと。最近(といっても2016年だけど)に開通した北海道新幹線を初めて利用した。

1日目は、元町教会群の散策→外国人墓地→金森赤レンガ倉庫→湯の川温泉泊。
2日目は、トラピスチヌ修道院五稜郭函館朝市、というルート。

詳しくは函館旅行記で書けたらいいなと思うんだけど、今回はその中で一番衝撃を受けた食べ物について。
それが函館ご当地バーガーラッキーピエロ」の「チャイニーズチキンバーガー」です。

るるぶに「地元民からは『ラッピ』の呼び名で親しまれるご当地バーガーである」みたいなことが書いてあって、函館来たんなら食べないとな~とミーハー心丸出しで行った。
近くにある「ベイエリア本店」の前を通りがかったとき、でっっっっかいピエロの派手な看板があって変な予感はしてたんだけど…まさかここまでとは思ってなかったんだよ…

函館ラッキーピエロ


どんな感じの店なのかは公式サイトで雰囲気を掴んでほしい。みすず学苑とはまた違った方向性の派手さ。
お店もだいたいサイトと同じような感じです。

f:id:luica:20181011233543j:plain

ちょうど金森赤レンガ倉庫で散策する時間があったので、「マリーナ末広店」へ。
内装も派手だった。どうやら社長のこだわりで店舗ごとに内装も変えているらしい。
ベイエリア本店はブランコが設置されててバーガー食べながら遊べるらしいし、マリーナ末広店はハートの形したカップルシートがあった。テーマパークみたいで楽しい。

イートインコーナーとは別にグッズコーナーもやたら充実していて、スナックのような食べ物系から雑貨まで幅広くラッピグッズが並んでいた。
いずれもあのド派手なピエロのデザインな模様。

まあそんな感じの雰囲気だから「これ…味は大丈夫なんだろうな…」とだんだん不安になってくるわけで。
注文システムもよくわからず、おっかなびっくり注文したら秒で出てきた。びっくりした。
注文受けてから作り始めるって書いてあったのに秒で出てきた。バーガー1個だけだからといっても速すぎる。でもちゃんと作りたてだった。すごい。

とりあえず一番人気メニューらしい「チャイニーズチキンバーガー」を1個だけ頼んでその場をそそくさと離れる。
まだ不安感は拭えていない。
バーガーなのにチャイニーズ?中華風?ほんとにおいしいの?これでよかったの?

車内でおそるおそる封を開け、一口食べる。

f:id:luica:20181011233549j:plain

えっ…………普通にうまっ…………


衝撃だった。不安によって期待値がだだ下がりだっただけに、「ふつうにおいしい」という結果に頭が混乱した。
2口、3口と、どんどん食べていくにつれ、衝撃は大きくなっていく。

いや待て……???これ普通にっていうか……めちゃくちゃおいしいな……!?

食べる前の期待値低い状態の時に撮った写真なので全然おいしそうに写ってないのが申し訳ないんですけど、まじでおいしい。

特にマヨネーズがおいしい。どんな配合なのか知らんけど、マ●クのテリヤキバーガーのマヨよりもあっさりしていてしつこくない。おいしい。
チャイニーズっぽい甘めのソースもおいしい。あとチキンめっちゃ食べごたえある。バンズもふわふわ。

正直ラッピのこと舐めてましたほんとごめんなさい……超おいしいです……

ご当地バーガーナンバーワンに輝くのも納得の味だった。
めっちゃでかいのに350円という衝撃価格もすごい。

この函館旅行でおいしいものいっぱい食べたんだけど、なんだかんだでこのラッキーピエロバーガーが一番印象に残ったのだった。
こんなおいしくてリーズナブルな地域密着型のお店があるんなら、そりゃあ他のバーガーチェーン店は太刀打ちできないよ…。
北海道の他の地域にも出店の要望があったらしいけど、函館第一だからと断ったこともあるらしい(ウィキペディア調べ)
こういうお店があるってとても良いことだなあ~と思った。

f:id:luica:20181011233556j:plain

本当においしかったので、函館に行った時にはラッキーピエロにぜひ足を運んでみてください。

運動会の思い出|赤いリボンが欲しかった話

はてなブログの「今週のお題」より、遅れてしまいましたが「運動会」についての話。

小学校の運動会といえばまず徒競走。
徒競走のレースって、走力が同程度の人で固まるように組まれているんだと思うんだけど、私は特段速くもなければ物凄く遅いというわけでもない、いわゆる中間層に位置していた。
レースを組む担任の先生は、きっとこの中間層のメンバーをどうするかって悩みどころだったと思う。どっちつかずで微妙なところだから。
しかし走る本人たちにとっては切実な問題なのである。一緒に走るメンバーによって自分の順位は大きく変わるからだ。

私の順位といえば、常に2位か3位だった。盛大に最下位であれば諦めも付くが、やはりどっちつかずなのだった。
けれど私は1位になりたかった。1位の人がもらえる、赤い「1」のリボンがどうしても欲しかった。

だから毎年全力で走った。どうせ1位になれないことはそれまでの練習で分かりきっているのに、それでも本番で何かが変わるかもしれないと思った。
結局1位は取れなくて、毎年本気で落ち込んでいた。次こそは、と来年度に向けて闘志を燃やしていた。

小学校6年間、私は結局一度も運動会の徒競走で1位を取ることはできなかった。
それでも、毎年毎年全力で走り続けていた。

今思うと、あのときの徒競走にかける「本気」は、かけがえのないものだったんじゃないかと思う。
大人になった今では、自分の立ち位置が悲しいくらいに分かっているし、自分の限界も知っている。どれほど頑張ったところで実力以上の結果は出せない。
そういう「諦め」を知ったということが、大人になったということなのかもしれないけど。

それでも時々、徒競走でがむしゃらに走ったあの日のことを思い出す。
どれだけ頑張ったところで1位にはなれなくても。1位の赤いリボンがもらえなくて、黄色だったか青だったかのリボンを情けなく付けることになっても。
毎年「今年こそは」と思って走り抜けた、愚直すぎる小学生の自分を、思い出す。

まっすぐにいきたい。

オタク活動近況報告(2018年9月前半まで)

拍手返信するために久しぶりにこちらへ浮上しました。お久しぶりですフヅキです。
多忙につきサイトの更新が滞っていてすみません!!そんな中でもこのサイトに足を運んでくださる方がいらっしゃるということに励まされています!カァーッッありがてえ!!

私の近況はツイッターで常時呟いてるんですが、相変わらず毎クールアニメを見るだけのアニオタライフを送っています。
貴重な休みの日に昼間からダラダラしながら見るアニメはサイコ~~~!!!(ダメな大人の見本)

スピリットパクトのこと

一時期ハマってたのは中国のWeb漫画原作の「スピリットパクト」というアニメですね。
最近(2018年2月~)2期の放送があったんですが、そこで私の推しの元カレが登場しまして…元カレの名前、神龍章軒っていうんですけど…初めはぽっと出の後付け当て馬キャラだと思ってたんですよね…

でもアニメで丸々1クールかけて推しとその元カレの馴れ初めと別離を丹念に描かれてしまって…神龍章軒という男がいかに不憫なやつであるかを痛感させられ…
気付いたらめちゃくちゃ深い沼にはまっていた………………………
そんな……ここまで深く足突っ込むはずじゃなかったのに……神龍章軒がちゃんと本編中で報われていればこんなことにはならなかった………

前述の通り原作は中国の有料Web漫画なのでちゃんと追いかけることができず、アニメ3期を喉から手が出るほど待っている状況です。マジどうにかしてくれ……

最近見てるアニメやジョジョのこと

今期(2018年夏アニメ)はペルソナ5、バナナフィッシュ、はねバド、進撃3期、シュタゲゼロ、ふりー、サンダーボルトファンタジー再放送、殺戮の天使あたりを見てます。
半分くらい積ん録してるので早く録画消化しなければ…


秋アニメは待望のジョジョ5部アニメが控えているので今からソワソワしてしまいますね…私の最推しフーゴがどれほどかわいくブチギレてくれるのか今から楽しみでなりません!!
つべこべ言わずに全世界のジョジョ5部読者はフーゴが主人公の大正義公式スピンオフ小説「恥知らずのパープルヘイズ」を読んでくれ!!!!

ヒプノシスマイクのこと

あと巷で話題のヒプノシスマイクも履修しました。
神宮寺寂雷とかいう195cm黒髪ロングでCV速水奨の博愛主義なお医者さん、あまりにもキャラクターとしての存在感がありすぎて好きにならないわけがないんだよなあ…
そしてヨコハマのイケメンヤクザこと碧棺左馬刻くんのお顔がめちゃくちゃ好みでして、結果的に推しカプは左馬刻くん×寂雷先生です。
私が今までに萌えてきたカップリングの中でも随一のおねショタみ…

左馬刻くんは普段あれだけオラオラして「サマトキサマ」を全面に押し出してるのに、寂雷先生の前では少年然とした殊勝な「さまときくん」になるのがハチャメチャにカワイイなと思っています。ここ萌えのサビです。


そんな感じでいろんな萌えをつまみつつ生きています。相変わらずオタクです。

リアル地下ダンジョンこと大谷資料館に行ってきた

栃木県宇都宮市にリアル地下ダンジョンあり、との情報を耳にして行ってきました大谷資料館。
都心から程近い場所にこんな非日常を味わえる場所があるとは…とびっくりした。

f:id:luica:20180630225119j:plain

以下、その記録です。

続きを読む